女性

美容の天敵であるたるみの改善|化粧品にオマカセあれ

乾燥しやすい肌対策

ウーマン

生活習慣が原因の一つ

乾燥肌とは、肌の潤いや水分が不足している状態のことを指します。肌がかさかさしている、しわやひび割れが出来ている、洗顔後に肌がつっぱる、化粧崩れしやすい、などに当てはまる人は、乾燥肌である可能性が高いです。また、乾燥肌になってしまう原因は、遺伝や生まれつきなどの場合もありますが、間違ったケアを行っていることも理由の一つとしてあげられます。顔を洗うときにごしごしと強くこすってしまう、洗顔後は化粧水を付ける習慣がない、生活習慣が不規則、たばこを吸う、などの日常生活の送り方が原因となっている場合もあります。このような生活は、肌に刺激を与えやすく、肌の機能の衰えが加速し乾燥肌になりやすいと言われています。乾燥肌を予防するためにも、洗顔後は必ず化粧水を付ける、たばこを控えるなどの工夫をするようにしましょう。

使い方を変えてみる

乾燥肌対策としては、洗顔後に必ず化粧水を付けるということが基本です。しかし、そのようなことを習慣づけたとしても、症状が改善されなかったり、逆に赤みや痛みが出てきて症状が悪化してしまった場合があります。しかし、そのときにまた違う化粧水を購入するのではなく、使い方を変えてみるということも大切です。例えば、普段普通に使っていたものを、手で温めてから付けるようにする、コットンなどでパックをするようにして少量を少しづつ付けてみる、などの工夫です。化粧水の使い方を変えるだけで、成分が乾燥肌にきちんと浸透するようになることもあります。自分に合ったものを見つけるためには、様々な商品を様々な方法で使ってみるということが大切となります。