レディー

美容の天敵であるたるみの改善|化粧品にオマカセあれ

乾燥しやすい肌対策

ウーマン

乾燥肌は、肌がかさかさと乾燥してしまう状態で、生活習慣などが原因となってしまうこともあります。また、洗顔後にきちんと化粧水を付けていても症状が改善されない場合は、使い方を変えるなどの工夫をして、自分に合った方法を見つけることが大切です。

読んでみよう

ニキビよりもやっかい

女の人

ニキビ跡が残ってしまった場合には、コンシーラーなどで隠すことが可能です。使い方を工夫すれば、ピンポイントでカバーできます。また、美容皮膚科でニキビ跡を治療するという選択肢もあります。

読んでみよう

老化の進行を遅らせる

スキンケア

速めに効果的なケアを

肌の老化は、乾燥→小じわ→大じわ→たるみと進行していきます。線で現れるしわと違い、たるみはその兆候には気づきにくいものです。早めに効果的なケアをするためにも自分で時々チェックすることをおすすめします。効果的なケアをするために、まずは肌の内部がどう変化しているかを知ることも大切です。20代はオイリーだったのに40代になってかさつくと感じる人は少なくないはずです。それは肌の水分量と皮脂分泌量が低下しているからです。しなやかさを失ったしわができやすい肌とも言えます。老化のサインは疲れすぎや寝不足の時にはっきりと現れますが、肌の乾燥を防ぎ、自分の肌に合う化粧品で基本のケアを丁寧に行うことで、たるみを回復させたり進行を遅らせることができます。

正しい使い方を再確認する

現在の化粧品は格段に進化しているので、肌に合ったものならば基本ケアでコンディションを整え、多くのトラブルを防ぐことができます。ですが情報が多すぎるせいか、使い方が間違っていたり、長年の習慣で自己流になっている人が多いようです。しわやたるみなど本格的な老化に直面した時こそ基礎化粧品の正しい使い方を再確認する必要があります。特に化粧水は使用量が少なすぎる人が多く、乳液やクリームをつけない人も目立ち、衰えはじめた肌をサポートするための充分なケアができているとは言えません。自分の使い方が正しいのかもう1度説明書で確認しましょう。化粧品を購入した店舗で相談するのも良い方法です。その上で肌の悩みに合わせた美容液やパックマッサージなどをプラスすれば良いでしょう。

肌への働き

コスメ

ビタミンc誘導体はニキビの改善やニキビの予防、シミなどの色素沈着の予防や改善に効果が高いビタミンcです。ビタミンc誘導体化粧水はスピーディーに肌に浸透します。化粧水と乳液ではビタミンc誘導体の性質が異なるので、セットで使うとより効果的です。

読んでみよう